So-net無料ブログ作成

富田林の飲酒ひき逃げ事件 弁護側が上告(産経新聞)

 大阪府富田林市で平成19年、飲酒後に車を運転し長野勝成さん=当時(42)=をはね死亡させたとして、自動車運転過失致死罪に問われた建設作業員、市瀬篤史被告(36)の弁護人は28日、懲役1年4月の実刑を言い渡した15日の大阪高裁判決を不服として、最高裁に上告した。

 弁護人は「飲酒ひき逃げが量刑に考慮されているのは不当」と説明。一方で長野さんの妻、ちえみさん(33)は「被告が反省しておらず、判決を受け入れなかったのではないか」と話した。

 起訴されなかった飲酒運転について、1審大阪地裁は「量刑に反映できない」として懲役2年6月、執行猶予4年を言い渡したが、大阪高裁は「軽視するわけにはいかない」と判断していた。

【関連記事】
車に巻き込み20メートル引きずる 女性死亡、容疑の男逮捕
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁
大阪・生野の死亡ひき逃げで男逮捕 事故後、車ナンバー外す
「雪の塊かと…」お年寄りを24キロ引きずり死なせた左官逮捕 北海道
神奈川県警がひき逃げ容疑者釈放 部下「自分が事故」…どちらが関与? 

<中国残留孤児>曲美琴さんの「兄」、DNA鑑定で無関係(毎日新聞)
首相の株売却資料提出、参院予算委理事会任せに(産経新聞)
企業再生支援機構の活用検討=ハウステンボス再建で−前原国交相(時事通信)
首相動静(1月24日)(時事通信)
<ハイブリッド車>接近知らせる装置でガイドライン…国交省(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。