So-net無料ブログ作成

気多神社の神社本庁離脱の規則変更認める 最高裁(産経新聞)

 神社本庁からの離脱を目的に規則変更した石川県の気多神社(気多大社)の宮司らが、変更を認めなかった文部科学省の裁決取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は20日、神社側の訴えを退けた2審判決を破棄した。規則変更を認め、裁決取り消しを命じた1審判決が確定した。

 気多神社は平成17年、神社本庁から離脱するため宗教法人規則を変更し、県の認証を受けた。しかし、離脱に反対する神社本庁の請求を受け、文科省は18年、変更後の規則に財産処分に関する項目がないことは宗教法人法に関する規定を欠き、違法と判断、県の認証を取り消す裁決をした。

 同小法廷は「宗教法人の規則は、財産処分に関する事項を定めた規定が存在しなくても、それだけで宗教法人法に違反するとはいえない」と指摘し、裁決を違法だと結論づけた。

【関連記事】
6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭
春の訪れ祝う花盛祭
重要文化財に「杉本家住宅」など 新たに8件指定
鳳凰や龍、からくり人形、豪華屋台「春の高山祭」開幕
銚子で20年に一度の祭り「大神幸祭」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

3月の世界の気温、過去最高=エルニーニョなど影響−気象庁(時事通信)
【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)
新党たちあがれ日本「期待しない」76%(読売新聞)
小田急線、新宿―小田原間で運転見合わせ(読売新聞)
車両床下から煙、大阪市営地下鉄で乗客ら避難(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。